子育ての極意をあらわす名言・金言を集めています。ここは皆さんで作るページです。折りにふれて出あった【金言】をぜひ投稿してください。
芦屋ファミリー・ラブ 子育ての金言

中古書店

0
     双子って便利なもので、片方が借りてきた本を両方が読む。
     何を読むだろう(これを読ませよう、たって、そうそう思い通りに行かないもので)と考えて、図書館長時代を思い起こして、メジャーな本を選んでみる。
     最近はまっているのは、「パスワードのひみつ」のシリーズ。これは両方が、どぼっとハマるように読んでいる。しかし、分館では読みたいつぎの本がなかなか手に入らない。「予約をしたら」ってしてみたが、古本屋へ行こ、という。

    おやゆびひめ  古本屋で(ゲームやらコミックが多い)それらの棚があるところへ誘導して、探していると、ついてきたコマン姫は、自分が読めそうな本を食い入るように読んでいる。棚を探すのに、姉兄を連れて回っているのだが、はぐれる心配もせずに絵本にとりついている。
     姉兄の買う本が決まったので、さ、行くよと声をかけると、「コレとコレとコレを買う」と、目星をつけておいたらしい本を三冊かかえてついてきた。
     だいたい買うのは、同じタイトルが重なったせいか、1冊100円に値引きをしている本ばかり。その絵本は、と見ると同じく100円本。そういえば、100円本の棚の前へ連れて行ったんだった。
     『おやゆびひめ』は保育所の発表会の出し物。大きな字のタイトルは読めたらしい。
     毎年、年末のプレゼントでもらってくるカルタが、今回はお話カルタで、いろいろな童話がカルタになっている。カルタ自体は、絵を見て取っているようだが、だんだんと読めるようになってきたらしい。
     家に帰ると、早速読んで、という。しばらくは読んでいたが、黙っていると、自分で一文字ずつ読むようになった。何行も読むのはまだ苦しいようで、途中から覚えているお話になってしまう。一緒に買った人魚姫の話が時々混じりそうになる。しかし、2ヶ月もしたら、随分自分で読むようになった。

     レディネスって言うけど、学ぶ準備が整った時が教え時。「は」やら「へ」の読み方のむずかしいところもおいおい覚えてきた。「漢字は読めないから」と言っていたが、ルビをたよりに読むようになった。卒啄同機と言って、卵の中のヒヨコが殻を割る時に外から割ってやる、これがタイミング。レディネスが整わないうちに割ると宜しくない。そんなことを思わせてくれた。

     

    春キャベツをかじる

    0
      今日は店休日。リフォーム中の我が家の床板を貼る作業の2日目。家族4人がかりで、ボンドを塗り、ビスで止め、板を切りの作業。子どもたちは、修了式。
       春キャベツ作業で、疲れてしまったので、夕食は簡単にカレー(日本風の)を作って済ませる。カレーだけじゃなぁ、と夕暮れ間近に畑へ行って、収穫時期になっている春キャベツを採ってくる。
       ざっくりきざんで、サラダになっているが、べりべりっと、ちぎって孫どもに渡すと、何もつけずに、ウサギのように生かじり。採りたてはコレが一番ウマイ。畑でかじってみた甘さをよく知っている。
       

      春ですな

      0
        ツクシ ツクシが出ていました。暖かそうな斜面にはまだ出ていませんが、2本だけ見つけました。まだ1週間は早いようです。

        フキノトウ フキノトウはもうすでにキク科の花の姿を見せ始めています。写真は、ちょっと遅れてたフキノトウ。
         天ぷらにして食べるといいのだが、ちょっと時期を逃してしまった。
        イチゴの花 霜よけトンネルの中では、イチゴが1番花をつけてました。これから、畑へ行く楽しみ。
         リフォームで庭のいちごが全滅なので、大切にして苗を取らなくては。



         

        連休の朝

        0
           3連休。卒業式だったので、4連休。
          タロウゴレン 休みの日は、ゆっくりと寝る日なので、子どもたちだけでやってくる。
          姉姫は、ちまちまとニンニクをみじん切りして、卵を割り、ナンプラーを加えてフライパンへ。
          慣れたもので、取り出すのだけはやってやる。出来上がったのは、インドネシア風の卵焼きのせ御飯。3人とも大好きなので、みんなに分ける。

          たまごサンド さっさと取り組み始めたコマン姫は、卵とベーコンとチーズのサンド。スライスしてある食パンを自分でサンド用の厚さに横切りしようとする。こだわりがあって、ケチャップとマヨネーズを塗る側が決まっていて、出来上がるとトーストする。


          チーズトースト 殿は、シンプルにチーズトースト。好きなものを作るけど、自分で料理するってのは、これからの社会では大切だからなぁ。

           食べ物を見つけて、自分で料理するのはいいが、おいおい栄養のバランスを考えてメニューを組み立てるようにしなくては。




           

          うどんは自分で

          0
            わかめうどん 解禁一週間のイカナゴを買ってきた。並んで買っているのは同輩ばかり。それも10kgってなオーダー。私は2kg。それでも延10kgを超えたから同じか。
             早速、イカナゴを炊きながら、昼のうどん作り。出汁だけ作って雪平に1人分入れて、冷凍うどんを渡して、はいどうぞ!。
             コマン姫は、“わかめうどんにする”って炊き始めた。“ばらばらになってきたよ”、“わかめを入れたら”、と目配りだけしてやる。出来上がったようなので、器に移すのはやってやる。“しょうがを入れるとすーっとしておいしいんだよね”、というのですりおろしてやる。
            明太釜玉うどん 殿は、“明太子があるやんか、昨日は何でなかったの?”と言っている。出汁で煮たあと、汁なしで明太釜玉うどんに。
             海老の天ぷら、きつねのアゲ、カレーうどん用の牛肉、卵など何でも来いで用意はしていたのだが、思ったとおりのメニュー。余った海老天で私のうどん。残りのエビは殿が食してしまった。
             自分で作ると、納得の味。おいしいんだよね。
             

            ひなまつり

            0
              ヒナ寿司 仮住まいでは、雛人形を飾るなんてことはできなくて、今日は、ちらし寿司。
               で、錦糸卵を刻まずに半円状のまま置いといて寿司で人形作り。

               「三角おにぎりの小さめのを作る!」というと、先に宿題を済ませた殿とコマン姫が握り始める。いつもはラップで包んで握るのだが、今日は手で。“くっついて握れない”というので、酢水を用意してやる。「掌を濡らしておいて握る!」「握れたら、服を着せてやる。」「鶉卵の水煮を乗せてお顔にする。」「あとは好きなように…」
              ひな寿司  顔のために、ごま塩を用意してやる。黒ごまを目玉にしようってのはなかなかやりにくい作業。海苔の方がよかったかも。赤かぶ漬けのみじん切りを口に使えと出してやる。持たせるシャクを何にするかそれぞれ色々考えて…楽しい作業。それぞれの根気、集中力、工夫、こだわりが出ておもしろい。
               上の姉姫のは、海苔にハサミを入れ長い髪の毛に、前髪がいる、って反対側も刻みを入れ、その長い髪の端の一本づつを前に回して、耳の前に垂らし、ちょいと長さを短くして、最近若い子の小顔に見えるというはやりの髪型に。パリパリの海苔は付きにくい、と水を塗ってなじませて…。私が思っているより工夫するから面白い。
               殿は、雑だなあ〜、と自己反省しながら、落っこちそうな首でも、まぁ、いいか。というわけでその写真はナシ。
               経験ですな。3人とも三角オニギリを作るののうまいこと。
               あとは、奮発してハマグリのお吸い物。ハマグリのおかわりをしよった。高いのにぃ〜。


               

              例にもれず

              0
                ガナッシュ チョコレートを作る、と言いだしたのは姉姫。そう言うだろうと思って、カステラの耳と板チョコと生クリームを仕入れておいた。
                 生クリームを沸かして、板チョコを入れて溶かし、カステラに混ぜ込む。適当に丸めると、生チョコの出来上がり。半分には、シリアルを混ぜておいた。
                 残りのチョコをデコレーションして、なお残っているのをシリコーンのハート型に流し込んで一件落着。

                 ま、ショコラティエの仕事には及びませんワ。第一、温度管理が出来ませんから。シトッとしたのや、パキッとしたのなんて作り分けは、無理〜!。
                 

                リンゴを使って

                0
                  アップルパイ作り リンゴを剥きやすいように12等分に割って、芯を取っていると「はいはい、剥くんですね」と3人でやってきた。パイシートを買ってきたのを見ていたらしい。
                   姫二人が皮を向いたリンゴを細かく刻む。殿にはカスタードクリーム作り。バニラビーンズを1本張り込んで投入し、火にかけて混ぜる役。出来上がりにバターとフランボアーズのリキュール。
                   リンゴを火にかけている間に、パイシートの伸ばし作業。姉妹が交代でやる。パイ皿があったのにどこかへお出かけのようなので、仕方がない、アルミ箔の上でやや四角いアップルパイ作り。
                   下焼きをしたパイ生地に殿がカスタードクリームを盛り、姉姫がリンゴをその上に盛る。アミアミにするんだよね、と細く切ったパイ生地を次々載せてくれる。こちらは、糊がわりの卵の白味を塗るのが忙しい。大体できてきたらドリュール塗り。1回交代、ってルールで姫二人が塗る。
                  出来上がり オーブンが無いので、トースターで焼く。いい匂いがしてきたと言っては覗き込みに行く。
                  余った白味と黄味を全卵に戻し、小さなフライパンに流すと、ひらめいた姉姫がクレープ風に薄焼きにして、カスタードクリームを挟む。3人で一口ずつ食べてしまう。
                   焼きあがると姉姫が切る。熱いうちに8分の1を各自食す。横に残ったカスタードクリームを添えて。
                   残りを三角に切っていると、殿がおかわり。12分の1を渡す。姉姫も。冷めないうちに半分以上を食べてしまった。パイは出来立てがやっぱりおいしい。

                   バニラビーンズなんて贅沢な食材。Bali島からもって帰ってきたモノだから使えるんで、日本で買うと材料の中で一番高い食材になってしまう。現地なら10本入りをスーパーで売っている。1本50円もしないハズ。クリームの中のバニラービーンズを取り出して、匂ってみて、いいにおい、って。本物の食材はやっぱりイイ。

                   モノ作りってのは、日本人の得意の分野。作っていると、創意工夫が生まれてくる。
                   

                  リンゴ剥き

                  0
                    姉姫 インフルエンザで3人が居るもので、みかんをよく買ってきた。リンゴが9個500円だったのでつい買ってしまった。というのも、3人とも包丁の使い方に慣れてきて、5歳までもが、いい手の形になってきた。今までは柔らかいキウイにしていたが、柔らかめの剥きやすそうなリンゴを買った。
                     右は、姉姫。指を近づけていると皮の厚さがわかる、というアドバイスがよくわかったようで、剥くのが随分速くなっている。

                     続いて、殿。久しぶりだと言いながら、コレ昔よく使ってたよね、とフルーツナイフで剥きだした。殿鞘付きのすぐに切れ味の鈍るナイフなので、子ども用包丁やペティナイフの登場が多くて最近使っていなかった。日頃、米炊き係で、自分の料理はするが、包丁を持っての手伝いをあまりしてない。久しぶりながら、包丁を持っての皮むきの手の形は忘れてない。ちょっと皮は厚いが。

                     末姫すぐに「剥く〜」とやってくるコマン姫。怖いのかちょっと親指が離れ気味になり、厚剥きになってしまう。何度も怪我をしそうになって、何ともない顔で取り繕っているのを見た。あとは、場数だな。

                     そのうち、包丁を縦に動かせるようになるとかつら剥きだって出来るようになる。


                     

                    洗い物

                    0
                      洗い物1 インフルエンザで、3人とも休み。二人まで検査して、最近かかった殿も「A型でしょう」って。それが5日も続くと困る。
                       運動量が減っていて、食欲がない。どうやって食う気を起こさせるか、それが困ることの1番目。そこで、好物のカレーうどん。辛いものも食べ始めたのだが、コマン姫が、えっ、私も?って様子。カレー粉に、ターメリック、コリアンダーなどを足して、辛さを下げているので食べられるはず。
                       鍋ごとテーブルに置いて「セルフサービス」。まず、肉から持っていく。まあまあ元気になってきた証拠。替え玉を茹でるついでに、残しておいた肉も茹でる。

                      洗い物2 さて、食べ終わったあと、宿題もなく、本も何度も読んでしまってすることのない、コマン姫がやってきて「洗う」と言って、流しの前に椅子を運んで来た。そでを3重に捲り上げてやる。
                       カレーうどんのあとは、洗いやすい。うこん色の汚れをスポンジでこする。こすったら「はい!」と、湯沸かし器の湯を出せと呼ぶ。これが面倒。しかし、洗ってくれている間、他の片付けが進むので、タイミングを見て出してやる。重たいはずのうどん丼も洗ってくれた。
                       どうやって洗う?と悩むんじゃなくて、洗い物を見ながら学習しているらしく、迷いがない。

                       リフォーム中の我が家。食洗機は必要と、主夫の私が主張をしていたのだが、都合で削るんだと。「食洗機を入れると、子どもが洗い物をしなくなる」と聞いてきたのがその理由。なるほど、とも思うが、汚れた食器があふれかえるアイランドキッチンはなぁ…。

                       


                      きっずページ

                      ↓市立図書館児童書検索

                      市立図書館蔵書一覧

                      芦屋ファミリー・ラブ

                      会員・役員連絡ページ

                      金言のタイトル

                      search and archives

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      携帯でこのページ

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM