子育ての極意をあらわす名言・金言を集めています。ここは皆さんで作るページです。折りにふれて出あった【金言】をぜひ投稿してください。
芦屋ファミリー・ラブ 子育ての金言

中古書店

0
     双子って便利なもので、片方が借りてきた本を両方が読む。
     何を読むだろう(これを読ませよう、たって、そうそう思い通りに行かないもので)と考えて、図書館長時代を思い起こして、メジャーな本を選んでみる。
     最近はまっているのは、「パスワードのひみつ」のシリーズ。これは両方が、どぼっとハマるように読んでいる。しかし、分館では読みたいつぎの本がなかなか手に入らない。「予約をしたら」ってしてみたが、古本屋へ行こ、という。

    おやゆびひめ  古本屋で(ゲームやらコミックが多い)それらの棚があるところへ誘導して、探していると、ついてきたコマン姫は、自分が読めそうな本を食い入るように読んでいる。棚を探すのに、姉兄を連れて回っているのだが、はぐれる心配もせずに絵本にとりついている。
     姉兄の買う本が決まったので、さ、行くよと声をかけると、「コレとコレとコレを買う」と、目星をつけておいたらしい本を三冊かかえてついてきた。
     だいたい買うのは、同じタイトルが重なったせいか、1冊100円に値引きをしている本ばかり。その絵本は、と見ると同じく100円本。そういえば、100円本の棚の前へ連れて行ったんだった。
     『おやゆびひめ』は保育所の発表会の出し物。大きな字のタイトルは読めたらしい。
     毎年、年末のプレゼントでもらってくるカルタが、今回はお話カルタで、いろいろな童話がカルタになっている。カルタ自体は、絵を見て取っているようだが、だんだんと読めるようになってきたらしい。
     家に帰ると、早速読んで、という。しばらくは読んでいたが、黙っていると、自分で一文字ずつ読むようになった。何行も読むのはまだ苦しいようで、途中から覚えているお話になってしまう。一緒に買った人魚姫の話が時々混じりそうになる。しかし、2ヶ月もしたら、随分自分で読むようになった。

     レディネスって言うけど、学ぶ準備が整った時が教え時。「は」やら「へ」の読み方のむずかしいところもおいおい覚えてきた。「漢字は読めないから」と言っていたが、ルビをたよりに読むようになった。卒啄同機と言って、卵の中のヒヨコが殻を割る時に外から割ってやる、これがタイミング。レディネスが整わないうちに割ると宜しくない。そんなことを思わせてくれた。

     

    コメント
    コメントする








       

    きっずページ

    ↓市立図書館児童書検索

    市立図書館蔵書一覧

    芦屋ファミリー・ラブ

    会員・役員連絡ページ

    金言のタイトル

    search and archives

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    携帯でこのページ

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM