子育ての極意をあらわす名言・金言を集めています。ここは皆さんで作るページです。折りにふれて出あった【金言】をぜひ投稿してください。
芦屋ファミリー・ラブ 子育ての金言

ハマチ

0
    ハマチ
     ハマチを1尾、安かったので買ってきた。ツインズ殿を呼んで「二枚おろし」というとやり始めた。
     さすがにハマチクラスになると、骨が硬い。背骨を苦労して切ったが、その下にヒレ骨があって苦労していた。出刃包丁は片刃なので歪んで包丁が入っていくからだ。
     何とか二枚におろせたところで、用事で立ち去った。5枚おろしまでさせたかったが、あとは刺身にした。
     頭を兜割りするのも硬かった。アラ煮と刺身で夕食。
     

    炒めるのがいいな

    0
       性格もいろいろあるもので、早めに帰ってくる1年生は、すぐ机に座って宿題を始める。ツインズが帰ってくる頃には終わっていることもある。
       そんな日、「さぁ、お手伝い。今日はフライパンでシャカシャカ炒めるのがいいな」と調理方法の指定。献立が何かはお構い無し。
       そう言うのでと、ベーコンときのこの炒め物を用意した。さっさとエプロンを締め、自分専用の踏み台に登って炒め始める。便利なもので、きのこがしんなりしたらキャベツを投入。横から調味料を投入。こんな味で良いかなと訊くと、味見をして「もうちょっと塩」とやってくれる。
       それが済むと、昼のうどん出汁が残っていたので倍以上に薄めて“かき玉汁、お願いします”と言うと、やってくれた。ふんわり卵がいいからと緩めにまぜて仕上げている。
       自家栽培のゴーヤのスライスが冷蔵庫にあったので、もう一品。中華鍋に投入するとしゃかしゃか混ぜてくれる。「もういいんじゃない」と言ってひと切れ味見をしている。ふと気がついたらあの大きな中華鍋を傾けて皿に盛り付けまでしている。
      料理
       また別の日、「今日は何?」と言うので、ミンチ練りをお願いした。調味料が入りま〜す、野菜が入りま〜す、と横から入れるだけでタネが出来上がった。餃子にしようかハンバーグにしようか迷ってきたが、ピーマンの肉詰めに決めた。
       集中豪雨のせいか、涼しい秋のせいか野菜が高い。その中での優等生はピーマン。
       焼ける端から夕食にしたら、食べている途中で「チーズをのせたい」と言い始めた。焼いている横でチーズを乗せて、焼けたら運んできて食べている。
       いちいち対応するのがややこしいようだが、コレってホント贅沢な食事だなぁ。

       

      秋刀魚の季節ですね

      0
         生の秋刀魚が出回るようになりました。そこで、釣り好きのツインズ殿に魚の捌き方を伝授。
         昨日は、鯖で2枚おろしを教えて、今日はサンマ4匹を捌く。一枚は見本で見せ、あとの3匹は殿の練習台。
        3枚おろし
         中骨にたっぷり身がついていようと、中骨をとらえ損なって変なところに包丁を入れようと想定内の出来事。10回位失敗をしたら上手になると言って任せた。ちっちゃな秋刀魚で出来れば、大きな鯖はやりやすいハズ。次はツバスでも買ってくるとしようか。

         

        朝は忙しい

        0
          目玉焼き 孫たちの早起きがそろそろ復活してきた。店の仕事が遅く、親二人はアテにならないので、自分たちで起きてくる。1学期には早い日は6時頃から起きだしていたが、まだそこまで復活はしていない。
           さて、日曜日の朝メシ、いつものことだが3人とも嗜好が別々。私が食べているトーストをみて分けて欲しいと言うのが姉姫。ベーコンを見せると殿が食いついてきた。
           卵も…と言う。まあるい卵にしたいんだそう。そこで、セルクルを出してやった。マクドみたいなのが作れると教えてやる。焼き加減もそれぞれ違うので、卵を割り入れて、黄身を中央に移動させたところまで診てから手を引く。好みの焼き加減になるように、水を入れたり、蓋をしたり…と好みがそれぞれにある。失敗するのもいい経験なのだから。
           やっぱりゴハンが良い、と、殿はカリカリのベーコンエッグにご飯。姉姫はトーストに乗っけてオープンサンド。コマン姫は、昨日の味噌汁を温めて、ご飯を入れてニャンコ飯。
           それぞれがそれぞれの朝食を作るのはいいが、後見役としては忙しい。

           

          仕事が多い夏休み

          0
            ブロコ ベーコン
             今日のご飯は何?ってやってくることが多い。献立は、仕事を作ってやることが多い。
             買い出しの時に、ベーコンがほしいと言っていたので、ちょい多めの500gのパックを買ってきた。

             昨日は、「アスパラベーコン」。あらかじめアスパラの皮を剥いて下茹でをしておいた。“はい、ベーコンを巻いて”というと3人でやりはじめた。“斜めに巻いたらいいよ”と言うと姉姫が「螺旋に巻くんだ」と言って、3人なら10本作るのなんて早いこと。その間にフライパンを温めておいて“巻けたら焼いて”、コマン姫に“味噌汁に味噌を溶いて”。玉子豆腐を添えて一汁三菜の完成。

             今日は、ブロッコリーのベーコン炒め。殿に“ベーコンを刻んで”。「何枚?」、“コレと炒めるから、任せます”と下茹でしたブロッコリーを指差した。「4枚にしようかな」と言いながら刻んで、ちょっと多いと思ったのか、「コレは明日の朝に食べよう」と刻み残しを作っていた。“刻めたら、焼いて”。「何味にするの」と姉姫。“任せます”、「じゃ、バター醤油がいい」と言うことで、5年生二人で作ってしまった。姉姫は、野菜サラダ。トマトは花型になるように切った。キュウリもスライスしてから、「どう盛り付けたらいいんだろ」と悩んでる。煮ておいたかぼちゃを添えて一汁三菜の完成。

             5年生だから、十分に経験させておくと、調理実習の時に肩身が狭くならなくて済む。

            父の日

            0
              「父の日って、いつだっけ」とツインズ殿。“あしただよ”「じゃぁ、アップルパイでも作ろうか」と孫ども3人で衆議一決。
              “じゃぁ、リンゴを買っておいで”と3人で買いに行かせる。買ってきたら、3人で皮むき。ツインズ姉がリンゴを四つ割りして芯取り。ツインズ殿が八つ割りのリンゴを皮むき、コマン姫がそれを7ミリほどにスライスと、自然に分担が決まる。
              ツインズ姉が、鍋で煮る。新しいガスコンロはタイマーで消火が出来るのでセットして放置。あと、必要なパイ生地は買っておいてやった。
              「いつ、作るの?」と他人任せな質問をする。“朝から早起きして焼いたら”と答えておく。

               あくる朝、いつも早起きのツインズ姉がカスタードクリームを作り始める。分量だけ見てやる。ツインズ殿は、パイ生地を網目にするためのカット、コマン姫は麺棒を駆使して、生地伸ばし。何度もやってきたから、出来そうな仕事を見つけるのがウマイ。3人で、タテヨコの網目を組み上げる。
               父の日アップルパイ 焼きあがったら、昼の休憩時刻を目指して、店まで運ぶらしい。



               

              見よう見真似で

              0
                包丁研ぎ 畑で収穫用に使っている刃渡りの短い「皮取り包丁」です。作物の汁で汚れて、錆が出ていたので、ツインズ殿に“研いで”と頼むと2つ返事でやりはじめた。
                 研いでいるところを見ていて、そのうち自分の肥後守を研ぐようになって、何か研ぎたそうな所なんだな。刃渡りも短いし、ちょうどいいやと、渡すとやってくれた。
                 途中で、ツインズ姫もやりだして「よく切れるよ」って持ってきた。
                 研ぎなんて家でやることは少なくなってきたが、やはり刃物はよく切れないと使いにくい。
                 「子ども用包丁」と称して、刃のついていない包丁を売っているが、それは間違い。子ども用の包丁はよく切れなくては。よく切れる包丁ほど、手を切っても痛くないんだから。きれない包丁だと力を入れるので余計に怖い。

                 

                七味なら辛くない

                0
                  うどん 1年生は、帰りが早い。給食前には、ウチの家の前を先生の先導で並んで帰っていく。
                   帰ってくると「ダシある?」と聞く。「今日は、うどんがいいな」と大抵先に注文を言う。
                   そうなるだろうと思って、一人前のダシを雪平に入れておいた。早速自分で作り始める。油揚げとワカメを入れたうどんを自分で作る。鍋から丼に移すところだけ手伝ってやる。
                   七味がいる、と自分で用意して食べ始める。唐辛子に早く慣れないと、Bali島への里帰りで食べられるものが少なくなってしまうから、七味なら大丈夫になったんだと。前の里帰りでは、ママに辛くない野菜炒めを特別に作ってもらっていたし、おいしそうな豚の丸焼きは食べられなかったのをしっかりと覚えているんだろう。
                   食べ終わると、食器を流しに運んでおわり。

                   

                  朝からグルメ

                  0
                    モーニングプレート 買い出し中に、ウズラの卵買っていい?とコマン姫が聞く。小さな目玉焼きを作るんだと。
                     そんな入れ知恵をしたのは姉姫。ダブルの目玉焼きを作ってる。
                     ややこしいのは、ウズラの卵を割る方法。包丁を使って割る方法を見せてると、自分で始めた。ちょっと刃を手前に引くように当てると切れるから、そのまま薄皮をめくる、って教えた。
                     今朝は、自分で二個とも割って、ウインナを炒め、卵を焼き、木のプレートに野菜とともに盛りつけ、ケチャップを添えて朝食に。完全に姉姫の手作り。手伝ったのは、パンを焼いてやっただけ。
                     もうちょっと段取りを考えながらするようになると満点。それには場数が必要かも。
                     

                    カメラマン

                    0
                      カメラマン殿  結婚式の写真を、出産が近いのでと欠席しているオジちゃんに送るので、その写真を撮るカメラマンはツインズ殿に決めた。機材はでかいけど、タブレット。
                       教えてないのに、ハウスカメラマンの横に陣取って同じように撮っている。駆け出しニュースカメラマンの常識として、他社のカメラの横に並ぶってのがあるが、いつの間にかそれをやっている。ハウスカメラマンも、場所を少し譲ったり、「あ、動画だね」ってディスプレイを見たりと、ちびっ子カメラマンにちょこちょこ気配りをしてくれている。
                       勝手に触って覚えたタブレットのカメラ。動画やスチルをたくさん撮っていた。撮り始めると孫どもは3人とも席に居なくなってしまう。
                       ツレのタブレットなのだ。ツレは習わないと覚えられないが、孫どもは習わなくても使える。コレって「逆歳の差」なんでしょうね。

                       ちなみに、結婚して2年後の披露宴なので、子連れ結婚式です。
                       


                      きっずページ

                      ↓市立図書館児童書検索

                      市立図書館蔵書一覧

                      芦屋ファミリー・ラブ

                      会員・役員連絡ページ

                      金言のタイトル

                      search and archives

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      携帯でこのページ

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM